お知らせ

第2エコパーク通信 9月号

事務所

先行して3名が配置につき、試運転準備に取り組んでいます (廃石膏ボードR施設)

本年8月現在

廃石膏ボードリサイクル 施設全景(+)手前資源リサイクル施設の一部基礎工事状況

管理棟2Fから

資源リサイクル施設の動きが活発になってきました

資源リサイクル施設 本年7月
同左8月

同左9月

(基礎工事進む)

≪建設工事進捗状況≫

第2エコパーク建設工事等の進捗状況(第5号)をお知らせします。

廃石膏ボードリサイクル施設へのスタッフの移動が随時行われています。新事務室では、真新しいデスクと事務機器に囲まれて一同やや緊張気味ですが10月に始まる試運転に向けて、準備を粛々と進めております。

同月内には解体業者様二組の施設見学が予定されています。解体系廃石膏ボードのリサイクル事業について社会的意義をご理解いただき、リサイクル施設そのものをよく知っていただくことは弊社にとっても大変ありがたいことですので、スタッフ一同しっかり対応させていただきます。
また、資源リサイクル施設の方は、焼却炉メーカーの㈱アクトリーさんが、現場事務所を立ち上げましたので、まもなく技術者集団が乗込むことになります。

先の台風21号と翌朝未明の大地震には皆さんも大変驚かれたと思いますし、停電や断水でさぞご苦労なさったことと思います。第2エコパークも、瞬間最大風速30m/s超や震度5以上となるとさすがに心配でしたが、幸いにも新施設は破損箇所等の不具合は一切ありませんでしたのでここに報告させていただきます。

平成30年9月20日
エコパーク

第2エコパーク両リサイクル施設の配管及び装置類設置工事をご担当の伊藤製缶工業㈱菅野係長から聞きました。

①今回のようなプラント建設工事を担当されるに当って、特に心がけていることは?
A:施主様の要求にお応えできる機械装置の設計と、その機能が十分に活かせる据付を心掛けて工事を進めております。
②新規焼却炉では、廃熱利用のバイナリー発電や非常用発電機設置工事でも御社にお世話になりますが、施工上の特徴は?
A:バイナリ―発電装置は㈱IHI殿の開発製品で、当社は据付と配管工事を担当させて頂きます。非常用発電機設備も据付とダクト、オイル設備の設置が担当となります。
施工上の特徴として、建屋が耐火構造壁なので東消防署殿からレクチャーを受けて、外部ダクトにはロックウールと板金の特殊な施工とするよう指導がありました。これは個人的に初めてのことでしたのでよい経験になりましたし、一つ知識が増えました。
③プラントメーカーや協力業者間での取りあいや、数多い打合せを上手にこなすには?
A:基本設計から携わり、不具合箇所はメーカーと協議を繰り返しクリアにしました。
機器据付の際、関係業者さんに干渉部を取り除く検討をお願いし、双方協力的に工事できましたが、日頃のコミュニケーションがよかったからと考えています。萩原建設工業㈱さんには感謝しております。
④「信頼と溶接」と御社HPにあります。技術で信頼を得ることを基本に「世の変遷に対応」との説明も大いに共感を覚えます。「環境の時代」にあって御社の対応の変化は?
A:時代の新技術を少しばかり導入し、低コストの提案をお客様にさせていただくことが時代に合った技術営業と考えております。また、個別の条件にあった「製品実現」を常に念頭においております。そのような継続的努力の結果、信頼を得られるものと信じております。
⑤今回のような大規模リサイクル施設は稀有な事例かと思います。他のプラント現場での経験が役立っていますか?
A:飼料製造工場での粉物のノウハウが役立ち、少々取り入れることができました。
⑥御社70年余、弊社60年余の社歴の中で、ほぼ半世紀ものお付き合いになります。地場企業としてエールを交わしたい思いですが・・・。
A:社歴60年おめでとうございます。お客様の支えがあってのことと日々感謝の気持ちを忘れずにいたいものです。これからもニーズに応えられる技術力で共に社会に貢献し、ウィンウィンの関係を築いてまいりましょう。
⑦工事竣功まで道半ばです。焼却炉関係は高所作業が多くありますのでご安全に!!
A:「災害は起こさない」を周知させ完成まで施工いたします。「ご安全に」を合言葉に。

 台風21号の直接的被害は、旧施設(エコパーク)で別棟の屋根の一部が剥がれた他、 倒木が幾つかみられた程度でしたし、地震の方は、震度6を記録した東区にしては被害が最小限度で済んだようです。第2エコパークの建設現場でも、看板等が飛ばされた位で事なきを得ましたが、廃石膏ボードリサイクル施設の試運転を10月から予定しているこの時期に受けた工期的ダメ―ジを、関係者一同なんとか埋めたいと努力しております。

A 配筋及び基礎工事状況
B 基礎工事完了部分への対応準備

試運転用廃石膏ボード端材

(当現場発生端材)
廃石膏ボード展開用Zフォーク(手前)

同上、受入ホッパー投入用リフト(奥)

廃石膏ボード対応許可看板

資源リサイクル施設対応部分空白