お知らせ

第2エコパーク通信 8月号

事務所

事務机、打合せテーブル、コピー機、電話機等が 配置されました

本年8月現在

廃石膏ボードリサイクル施設全景(概観は前号同様)

管理棟2Fから

目線を変えると、資源リサイクル施設の現況が一目瞭然です

資源リサイクル施設 本年6月
同左7月

同左8月

≪建設工事進捗状況≫

第2エコパーク建設工事等の進捗状況(第4号)をお知らせします。
 廃石膏ボードリサイクル施設は、事務所にも事務機器類が入り通信系の設備が敷設されるなど、いよいよ引越しが近くなっていることを実感させられます。ここで、第2エコパークの電話・FAX番号が以下のとおり決りましたのでお知らせいたします。
 なお、2つのリサイクル施設(廃石膏ボード/資源リサイクル)への個別の通信方法については後日、正確にお知らせいたしますのでお待ちください。

第2エコパーク電話番号  011-791-1130

第2エコパークFAX番号  011-791-1131

さて、先月号でお知らせした、廃石膏ボードリサイクル施設の実動部隊による研修は、豪雨災害の広島県を断念し岩手県二戸市の工場に切り替えて実施いたしましたが、彼の地で学んだ3名が無事帰札したことを報告いたします。(活躍に期待)
 また、資源リサイクル施設は、焼却炉等の重量構造物建設予定箇所の配筋基礎工事等が順調に進んでいますし、施設竣功後の運営に係るソフト面の整備についても急ピッチで進んでいることをお伝えします。

平成30年8月23日
エコパーク

 

第2エコパーク資源リサイクル施設の内、焼却炉関係ご担当の、㈱アクトリーの向井所長から聞きました。

資源リサイクル施設の建設工事がいよいよ本格的に始まります。今のお気持は?
A:5年前に開始した施設計画に、先日設置許可が認可されました。「いよいよ本番」という気持ちです。
②御社とは現エコパーク建設以来20年以上の長いおつきあいですが、当時と比較して環境施設を取り巻く社会情勢はどのように変わってきたでしょうか?
A:ダイオキシン問題等で法律改正があり、簡単に設置許可が得られなくなっていることや、以前は熱回収といえば大型の一廃炉でしたが、昨今は産廃炉での設置が多くなってきていること等が変わってきたところです。また、維持管理情報がHP等で公開され、誰でもいつでも確認することができ、施設の透明性が高まってきています。
③初期構想から承認までの長い期間、社内エネルギーを集中し続けなければ厳しい競争には勝てません。高いモチベーションを保つ秘訣は?
A:既存炉が弊社の炉で、20年以上稼動させていただいている状況から、「新規炉も当社の製品で!」との強い思いが社内に満ちていたことです。
④第2エコパークで採用となった御社プラントの特徴を、現エコパークのプラントとの比較等で分り易くご説明ください。
A:新規焼却炉は、水冷ロストルと鋳物スト―カの組み合わせにより、様々な性状の廃棄物をより安定的に燃焼処理することが可能な新型焼却炉を採用いたしました。また、少量多品種の廃棄物に対応する専用投入装置を設けたことが特徴となっています。
⑤24時間稼働炉は今の主流でしょうか?また、メンテナンス上の留意点等は?
A:24時間稼働炉が主流となってきております。当該炉は、立上立下時の使用燃料が減り、CO2の削減につながります。また、灰出しはコンベヤで自動搬送となりますが、コンベヤのメンテナンスが替って必要となります。
⑥エコパークの宴会で鍋料理を楽しんだ際、表面の浮遊物を掬い取りましたが、「これがアクトリ」と一同、盛り上がりました。御社の定着度を示すエピソードですが、竣功後の試運転等、今後も長くフォローをお願いいたします。
A:今年9月に、弊社R&Dセンターに貴社3名の方が運転・メンテナンスについて研修を行う予定になっております。全てを研修で賄えるとは思っておりませんので、竣功以降もフォローさせていただきますので、よろしくお願いいたします。今後も鍋料理の度に「アクトリー」を思っていただければ嬉しいです。
⑦高所作業や重量構造物等プラント建設には危険がいっぱいです。どうぞご安全に!!
A:装置類の設置等で高所作業が多いので、リスク管理をしっかりやっていきたいと思います。「ご安全に!」の合言葉のもと、安全第一で作業を行います。

8月14日、現場はお盆休みにつき、「安全」に写真を撮れると考えて廃石膏ボードリサイクル施設に潜入しました。下欄貼りつけのピカピカの装置類は出番を心待ちにしているかのようですし、資源リサイクル施設の方は、焼却炉等設置のための重要な工程となる基礎工事が順調に進んでいるようです。
 酷暑の今夏もようやく終わり、最も作業効率のよい季節となりますが、安全に竣功されることを願うばかりです。

A ピット掘削状況
B 機械基礎アンカーセット状況
廃石膏ボード受入ホッパー
同左 破砕分離装置類
同左 製品フレコン梱包機