産業廃棄物処理

収集・運搬から、中間処理、最終処分や再生まで、複雑化する産業廃棄物にトータルで対応します。

4.特殊焼却施設維持管理情報(エコパーク)(廃棄物処理法施行規則第12条の7の2第1項第1号)

イ)処理した廃棄物の種類及び数量

受入年月 廃棄物の種類及び数量(kg)
紙屑 木屑 繊維屑 廃油 廃溶剤 廃プラ 動植物性残査
平成30年 4月分 80,403 40,202 80,403 99,176 0 235,060 32,820 568,064
平成30年 5月分 66,668 33,334 66,668 68,534   204,920 32,200 472,324
平成30年 6月分 70,259 35,129 70,259 81,427 576 216,676 31,400 505,725
平成30年 7月分 69,550 34,775 69,550 80,581 936 210,234 39,000 504,626
平成30年 8月分 60,540 30,270 60,540 69,702 324 376,889 39,200 637,465
平成30年 9月分 54,737 25,868 51,737 34,942 0 162,731 32,000 362,015

ロ)燃焼ガス温度等の測定に関する事項

①焼却室中の燃焼ガスの温度
・焼却室中の燃焼ガス温度の測定は、炉内温度・ドラム室温度・炉出口(2次燃焼室)温度の3箇所を測定し連続データーとして記録紙に記載される為、ホームページ上では公表できません。
②集塵器等(バグフィルター)に流入するガス温度
・集塵器等に流入するガス温度の測定は、上記の燃焼ガス温度を記録する連続データーと共に記録紙に記載される為にホームページ上では公表できません。
③煙突から排出される排ガス中の一酸化炭素濃度測定
・排ガス中の一酸化炭素濃度の測定は、排出直前の煙突内で測定し連続データーとして記録紙に記載される為、ホームページ上では公表できません。
④ばいじん又は焼却灰の焼成
・当該焼却施設には、焼成設備はありません。

※上記の連続データを閲覧御希望の方は下記の場所までご連絡の上、お越し下さい。

名称 中沼産業廃棄物処理センター(エコパーク)
住所 札幌市東区中沼町45番地23
連絡先 (011)792-3770
担当者 井沼  守

ハ)冷却設備及び排ガス処理設備にたい積したばいじん等除去

・当該施設では、減温器・熱交換器・バグフィルターからばいじん等が発生します。

但し、バグフィルターは連続的に自動排出される為、清掃等は実施しません。

清 掃 日 清 掃 箇 所
  減温器 熱交換器
平成30年 4月 30日
平成30年 6月 3日
平成30年 7月 1日
平成30年 7月 29日
平成30年 8月 26日
平成30年 9月 23日

ニ)排ガス中のダイオキシン類及びばい煙濃度測定

・毎年1回
測定実施日 検査結果日 ダイオキシン類濃度
( ng-TEQ/㎥N)
排出規制値
平成30年 5月 25日 平成30年 7月 20日 0.39ng-TEQ/㎥N 5.0ng-TEQ/㎥N
・6ヵ月毎1回
測定実施日 検査結果日 測定項目 測定値 単位 測定方法
平成30年 5月 24日 平成30年 7月 20日 ばいじん
(換算値)
0.05未満(0.15) g/㎥N JIS Z 8808
硫黄酸化物
(排出量)
0.21(3.15) ㎥N/h JIS K 0103付属書JC
窒素酸化物
(換算値)
93(250) V/V ppm JIS K 0104
 塩化水素
(換算値)
17(700) mg/㎥N JIS K 0103附属書JC
適    要

※1 定量下限値=0.02

※2 排出基準 = (  )内数値

・6ヵ月毎1回
測定実施日 検査結果日 測定項目 測定値 単位 測定方法
平成30年 5月 24日 平成30年 7月 20日 水銀
(換算値)
0.12(50) μg/㎥N 平成28年環境省告示94号
適    要

※1 定量下限値=

※2 排出基準 = (  )内数値